【呪術廻戦】漫画 第8話! 今からでも最新話に間に合う?いまさら人に聞けない「あらすじ」&「ネタバレ」を解説!

呪術廻戦 第8話 ネタバレ

この記事では、2018年に『週刊少年ジャンプ』14号から連載を開始した、
『呪術廻戦』の第8話呪胎戴天じゅたいたいてんさんについて、あらすじやネタバレについて解説しています!

2020年からアニメも開始し、様々なグッズ展開もされて超人気作品となった『呪術廻戦』ですが、意外と「原作はまだ読んでいない」「アニメの続きを知りたいけどどんな話か分からない」という方が多い様子。

  • 『呪術廻戦』って気になるけどどんな話か分からないから知りたい人
  • 『呪術廻戦』のアニメから入って漫画が気になっている人
  • ジャンプ本誌などで途中から読んだので『呪術廻戦』の第1話からちゃんと知りたい人
ユウくん
ユウくん

オタク★コレクションではそんなあなたのために!

今からでもジャンプ本誌の最新話に追いつけるように用語の解説やネタバレも含めて第1話から順番に解説しています!
この記事はその第8話呪胎戴天じゅたいたいてんさんー」についての解説ですよー

漫画サイトなどで「1巻(7話まで)」は履修済みという方は、この第8話からの解説をご覧くださいね!

ミーちゃん
ミーちゃん

目次の最期に各話へのリンク集を用意してるから、アニメの続きが気になる人アニメで分からなかったところがあった人は、気になったお話から解説を読んでみてね!

スポンサーリンク

『呪術廻戦』とは?

『呪術廻戦』は、作者:芥見下下あくたみげげ先生により2018年から『週刊少年ジャンプ』で開始、
2021年9月時点で第159話まで連載、コミックス16巻まで発売されている少年漫画です。

アニメも1期第1クールが2020年10月第2クールが2021年1月より放映されていて、
アニメ1期全24話で原作8巻63話までの内容が描かれています。

『呪術廻戦』を簡単にまとめると?
人間の負の感情から生まれる化け物「呪霊」を「呪術」を用いて祓う「呪術師」たちの闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画

星月ヨル
星月ヨル
「簡単なまとめ」の時点で『呪術廻戦』の用語がいっぱいなので、これも解説していきますね!
リンクを押すと解説部分に飛びますよー

2021年12月24日には、『呪術廻戦』の前日譚ぜんじつたんにあたる『劇場版 呪術廻戦0』(原作:『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』)も決まっており、呪術廻戦ワールドはまだまだ広がりを見せてくれます!

ユウくん
ユウくん
劇場版がこの冬に公開されますので、それまでのこの期間に全話履修して「原作(漫画)」「劇場版」「アニメ(2期)」をもっと楽しめるようにしてくださいね!
漫画を未読の方は、下のリンクから全巻無料で読む方法を公開していますので、チェックして下さいね♪


『呪術廻戦』第8話「呪胎戴天ー参ー」のあらすじ

ここからは、漫画『呪術廻戦』第8話のあらすじをネタバレ含めて解説していきますね。

『呪術廻戦』漫画 第8話「呪胎戴天じゅたいたいてんさんー」のあらすじ

星月ヨル
星月ヨル

『呪術廻戦』の第8話は、「呪いの王、宿儺がどういう存在なのか」を語るお話でした!
……おっかしーな、直前の第7話では特級呪霊に絶望感が広がっていたのに、続く第8話でもっと重い絶望感が広がってるんですが

ミーちゃん
ミーちゃん

うん、これは死ぬ。先に報告で1名死亡って書かれてたけど、これは死ぬ。
第6話で”特級”がクラスター弾とか書かれてたけど、そんなレベルじゃないのが宿儺だって見てれば分かるくらいだったね……同じ特級でも差がありすぎる

ユウくん
ユウくん

最後にはその宿儺が自由になってしまってますしね……
向き合ってる伏黒君が死んでしまうのか、ここから逆転して虎杖君が死んでしまうのか……続く9話に期待、というところで終了でした

『呪術廻戦』第8話「呪胎戴天ー参ー」のネタバレ

ユウくん
ユウくん

ここからのあらすじは読みやすさを考え、記事の書き方を少し変えています。
できるだけ漫画の雰囲気や疾走感を感じられるように書いていますが、漫画そのものが気になった方は、是非原作のコミックスも読んでくださいね!

ミーちゃん
ミーちゃん

かつてあった「漫画村」みたいな違法なサービスは絶対ダメ!
だけど、やり方によっては全巻無料で読む方法もあるよ!
「知らなかった!」って人は、こっちも合わせてチェックしてね!



呪いの王――宿儺、顕現

つくづくましい小僧だ
 吐き捨てるように言い放つ言葉が、伽藍堂がらんどうの空間に響く。

 呪いの王、宿儺だ。
 宿儺は無造作に、呪霊の肩を叩く。
 呪霊は――戦慄していた。止めどない冷や汗が流れ出ている。

少し待て 今考えてる
 宿儺は思う。その思考は、悪意にるものだ。
 如何にすれば、虎杖たちを一番苦しめられるか。

 今から伏黒を追ったところで、追いついた手を掛ける直前にまた代わられるのがオチだろう。
 ならば、一番困るのは――状況が振り出しに戻ること。
 目の前の呪霊を伏黒に当ててやろう。

おい ガキ供を殺しに行くぞ 付いて来い
 方針は決めた宿儺は、命令を下す。
 従って当然と、傲岸ごうがんに。崩れ落ちた虎杖の右手指を修復しながら呪霊に背を向けた。

 だが――

馬鹿が
 呪胎した呪霊は、背後から宿儺を強襲する。
 それは呪胎して以降、己よりも強い存在をまだ見ぬ故のおごりか、あるいは自負か。
 目いっぱいの呪力を込め、放つ渾身の呪力弾は――

あ こっちも治してしまった
 手首から先を失っていた左腕を修復し、突き出した片手で霧散させる。
 唖然あぜんとする呪霊。格の違いは明らかだった。

散歩は嫌か まぁ元来呪霊は生まれた場に留まるモノだしな
 宿儺は笑う。「良い良い」と上機嫌に。そして、

ここで死ね
 右腕を振り払う。無造作に。その一撃で呪霊は後頭部から床に叩きつけられる。
 衝撃にうめく呪霊、その視界には、

ほら 頑張れ頑張れ
 嗜虐的にわらう宿儺が、足を上げていた。
 虫でも踏みつぶすかのように。その靴裏が呪霊の顔面を踏み抜く。

 衝撃が走る。コンクリートの橋のようになっていた床に罅が走り、崩壊する。
 重力に任せ、瓦礫が降下する。
 その間隙を縫って、呪霊は宿儺の足を掴む。

おっ
 足を掴んだまま振り抜き、投げ飛ばそうとしたのだろう。
 だが、その途中で気づく。
 呪霊の腕が、ない。上腕の半ばから断たれていた。

呪霊と言えど 腕は惜しいか?
 崩壊する瓦礫の上。宿儺は胡坐あぐらをかいて嗤う。
 その手に千切った呪霊の腕をもてあそびながら。
 生理的な不快感を催す、哄笑こうしょうをあげながら――

等級 ”特級”呪霊

避難区域 10kmまで上げてください
伏黒君は?
残ります
 もしもの時 俺にはアイツを始末する責任があります

 少年院の門外。伊地知に救出した釘崎を預け、伏黒は独り残る。
 脳裏には、かつて五条に言った言葉がよぎっていた。

 ――でも死なせたくありません 私情です なんとかしてください

釘崎さんを病院に預けたら私もなるべく早く戻ります
いや もう伊地知さんいてもあんまり意味ないので
 戻ってくるときは一級以上の術師と一緒にお願いします

 切れ味抜群。伊地知のメンタルに大ダメージを与えつつ、伏黒は待つ。
 虎杖の帰還を――

我々は共に”特級”という等級に分類されるそうだ
 宿儺は嗤う。

俺と…… オマエがだぞ?
 見上げる視線の先には、呪霊がいた。
 虫の標本の如く、四肢をもがれ、コンクリートの柱に埋め込まれて。

 等級は同じ”特級”――しかし、歴然とした差がそこには存在していた。

フーーッ!フーーッ!
 呪霊は言葉を持たず、宿儺に倣い四肢を再生し埋め込まれたコンクリートから脱出する。
 ここからだと言いたげに、笑みを浮かべて。

嬉しそうだな 誉めてやろうか?
 だが呪力による治癒は人間と違い呪霊にとってそう難しいことではないぞ

 しかし、宿儺の表情は揺るがない。
 「オマエもこの小僧も呪いのなんたるかをまるで分っていないな」と。
 呪いの王は、嗤う。

いい機会だ 教えてやる
 本物の呪術というものを

 そして――初めて、宿儺が術式を行使する。
 指を組み、呪いを放つ。

――領域展開りょういきてんかい 伏魔御厨子ふくまみづし

3枚におろすつもりだったんだが やはり弱いなオマエ

 結果は一瞬。
 宿儺の術式が行使されると同時、呪霊は――輪切りになっていた。
 魚の如く3枚に下ろすつもりだったと宿儺は言うが、呪霊は少なくとも頭から輪切りに7分割以上に切り落とされていた。

そうそうそれから
 輪切りになった呪霊の1枚、その中心部。胸部にがあった場所に宿儺は指を突き入れる。

これは貰っていくぞ
 引き抜いた指には、特級呪物「両面宿儺の指」が掴まれていた。
 呪霊の取り込んでいた「宿儺の指」だ。
 「指」を奪われ、呪霊は焼失。霧散する。

 虎杖と伏黒が手も足も出なかった特級呪霊を一蹴。
 これが両面宿儺、呪いの王。
 あまりにも格の違う”呪い”だった。

終わったぞ!! 不愉快だ!! 代わるのならさっさと代われ!!
 雑魚を片付け、不機嫌を隠さず宿儺が叫ぶ。
 しかし――

……小僧?
 しばらく待っても、虎杖と代わる気配はない。
 ――宿儺の表情が、邪悪に歪む。

自由の身となった宿儺と対峙する伏黒

!!

生得領域が閉じた!! 特級が死んだんだ

 変質した宿舎の外、1人残った伏黒は、状況の変化を機敏に感じ取っていた。
 死地と化していた「受刑在院者第2宿舎」、その変質が閉じた。
 原因となった特級呪霊が払われたのだ。

あとは虎杖が戻れば……
虎杖ヤツなら戻らんぞ

 背後から掛けられた声。その声に込められた悪意に、伏黒の身が凍る。
 声は帰還を望んだ虎杖だ。しかし――中身が違う。

そう脅えるな 今は期限が良い 少し話そう
 宿儺は嗤う。

何の縛り・・もなく俺を利用したツケだな 俺と代わるのに少々手こずっているようだ
 虎杖は、体の主導権を奪われていた。
 しかし、それも時間の問題だろうと宿儺は言う。
 時が経てば虎杖は、再度主導権を取り戻し宿儺と代わることになるだろう。

そこで今 俺にできることを考えた
なっ!?
 言うや否や、宿儺は虎杖の胸に手を突き入れる。
 胸の中心。抜き出した手が掴んでいたのは、

虎杖こぞうを人質にする
 脈打つ臓器、心臓を手にしていた。
 そして、無造作に放り捨てる。

俺は心臓コレなしでも生きていられるがな 虎杖こぞうはそうもいかん
 俺と代わることは死を意味する

 さらに、

駄目押しだ
宿儺の指!! 特級が取り込んでいたのか!!
 呪霊より回収した「指」を飲み込む。都合3本目。
 飲み込まれた指が宿儺に馴染んで、いく。

さて晴れて自由の身だ もう脅えていいぞ
 そして、宿儺は宣言する。

殺す 特に理由はない

……あの時と 立場が逆転したな
 目を伏せ、伏黒は呟いた。


ユウくん
ユウくん

起死回生の一手は、絶望の呼び水になってしまった!
特級呪霊は宿儺の暴虐で払われたのも束の間、さらなら脅威となって仲間に襲い掛かることに……!虎杖・伏黒、それぞれの生死は如何に……!?

……といったところで第8話は終了でした!
いかがでしたでしょうか?

星月ヨル
星月ヨル

第8話はここまで「呪いの王」として脅威だけが語られていた宿儺について、その脅威や在り様について語られているお話でした。第2話では五条先生にあしらわれていましたが、第8話では呪術師の上層部に警戒されるのに相応しい暴虐ぶりを発揮!
……相対的に五条先生がどれだけぶっ飛んだ存在なのか暗に表現されていましたね

ミーちゃん
ミーちゃん

そして最後はそんな宿儺が自由に行動できるようになっちゃった、と……
ほんっと!呪術廻戦はハードだね!絶望の上にさらに重い絶望感をマシマシで乗せてくるあたりがえげつないよ!「1年生1名死亡」の真相や、伏黒君の安否は続く第9話を確認してね!

『呪術廻戦』第8話「呪胎戴天ー参ー」の解説

ユウくん
ユウくん

第8話を端的に解説すると、「呪いの王『両面宿儺』の脅威度と虎杖君の不安定さの表出」でしたね。
破壊もできない特級呪物に対するカウンターとして死刑の執行猶予が許された虎杖君ですがその彼が機能しなくなる状態がある、と早々に語られてしまった状態でした。

星月ヨル
星月ヨル

そんな中、いきなり出てきてきちんと解説されるのがすっごい先になる用語も登場していましたので、第9話以降をストレスなく読めるようにいくつか用語を解説していきますねー♪

用語解説①「領域展開」

『呪術廻戦』における「領域展開」とは?

  • 術式の最終段階。呪術戦の極致
  • 術式を付与した生得領域を呪力で周囲に創出し、領域内で発動した術式を必中させることができる
    ※作中での詳しい解説は第15話より
ユウくん
ユウくん

呪術師にとっての究極の一、「領域展開」が初出されたのは第8話でした。
ここでは何も語られていなかったため、「宿儺がなんかやべーの呼び出した」くらいの認識だったんですよねー

星月ヨル
星月ヨル

後々、第15話とかそれ以降に作中で解説されるにつれて「ヤバさ」が段々分かってくる用語でもありますね。次に出てくるのは第15話なので、それまでなんとなく覚えておいてくださいねー

用語解説②「縛り」

『呪術廻戦』における「縛り」とは?

  • 自身や他人に対し制約を設けること
  • 自身に対する縛りは、制限を設けることで能力が向上する
  • 他人に対する縛りは、誓約にも置き換えられ、破った場合に不確定なペナルティを受ける
ユウくん
ユウくん

ざっくり言えば、長期間連載と休載を続けている作品の「制約と誓約」ですね。
自身や他人に対して定めたルールを実行することで能力がアップしたり、約束を確実に守らせたりすることが出来ます

星月ヨル
星月ヨル

逆に言えば、過ぎたる力を何の縛りもなく用いればその分だけ報いを受ける、とも言えますね。
この辺りは第10話で宿儺が語ってくれるので、その時まで覚えておいてくださいね♪

その他の用語はもう少しお話が進んでから改めて解説しますね。

前後話の解説
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

『呪術廻戦』各話の解説リンク

星月ヨル
星月ヨル
『呪術廻戦』は2021年10月の時点で、160話まで掲載されています!
ユウくん
ユウくん
各話の解説は下のリンクからご覧ください!
どのお話か分かりやすいように「〇〇編」/「〇〇巻」でまとめています。

 

 

始まり 1巻
1話 2話 3話 4話 5話
呪胎戴天編 6話 7話
2巻
8話 9話
虎杖死亡後 10話 11話 12話 13話 14話
15話 16話
3巻
17話 18話
幼魚と逆罰編
19話 20話 21話 22話 23話
24話 25話
4巻
26話 27話 28話 29話 30話
31話
交流会編
32話 33話 34話
5巻
34話 35話 36話 37話 38話
39話 40話 41話 42話 43話
6巻
44話 45話 46話 47話 48話
49話 50話 51話 52話
7巻
53話 54話
起首雷同編 55話 56話 57話 58話 59話
60話 61話
8巻
62話 63話
懐玉編 64話 65話 66話 67話 68話
69話 70話
9巻
71話 72話 73話 74話 75話
玉折編 76話 77話 78話 79話
宵祭り編 10巻
80話 81話 82話
渋谷事変編 83話 84話 85話 86話 87話
88話
11巻
89話 90話 91話 92話 93話
94話 95話 96話 97話
12巻
98話 99話 100話 101話 102話
103話 104話 105話 106話
13巻
107話 108話 109話 110話 111話
112話 113話 114話 115話
14巻
116話 117話 118話 119話 120話
121話 122話 123話 124話
15巻
125話 126話 127話 128話 129話
130話 131話 132話 133話
16巻
134話 135話 136話 137話 138話
139話 140話 141話 142話 143話
死滅回游編
 
17巻
144話 145話 146話 147話 148話
149話 150話 151話 152話
18巻
154話 156話 157話 158話 159話

関連商品

コメント

タイトルとURLをコピーしました