【呪術廻戦】漫画 第4話! 今からでも最新話に間に合う?いまさら人に聞けない「あらすじ」&「ネタバレ」を解説!

『呪術廻戦』第4話
スポンサーリンク

この記事では、2018年に『週刊少年ジャンプ』14号から連載を開始した、
『呪術廻戦』の第4話「鉄骨娘てっこつむすめ」について、あらすじやネタバレについて解説しています!

2020年からアニメも開始し、様々なグッズ展開もされて超人気作品となった『呪術廻戦』ですが、意外と「原作はまだ読んでいない」「アニメの続きを知りたいけどどんな話か分からない」という方が多い様子。

  • 『呪術廻戦』って気になるけどどんな話か分からないから知りたい人
  • 『呪術廻戦』のアニメから入って漫画が気になっている人
  • ジャンプ本誌などで途中から読んだので『呪術廻戦』の第1話からちゃんと知りたい人
ユウくん
ユウくん

オタク★コレクションではそんなあなたのために!

今からでもジャンプ本誌の最新話に追いつけるように用語の解説やネタバレも含めて第1話から順番に解説しています!
この記事はその第4話「鉄骨娘てっこつむすめについての解説ですよー

漫画サイトなどで「1巻(7話まで)」は履修済みという方は、8話からの解説をご覧くださいね!

ミーちゃん
ミーちゃん

目次の最期に各話へのリンク集を用意してるから、アニメの続きが気になる人アニメで分からなかったところがあった人は、気になったお話から解説を読んでみてね!

『呪術廻戦』とは?

『呪術廻戦』は、作者:芥見下下あくたみげげ先生により2018年から『週刊少年ジャンプ』で開始、
2021年9月時点で第159話まで連載、コミックス16巻まで発売されている少年漫画です。

アニメも1期第1クールが2020年10月第2クールが2021年1月より放映されていて、
アニメ1期全24話で原作8巻63話までの内容が描かれています。

『呪術廻戦』を簡単にまとめると?
人間の負の感情から生まれる化け物「呪霊」を「呪術」を用いて祓う「呪術師」たちの闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画

星月ヨル
星月ヨル
「簡単なまとめ」の時点で『呪術廻戦』の用語がいっぱいなので、これも解説していきますね!
リンクを押すと解説部分に飛びますよー

2021年12月24日には、『呪術廻戦』の前日譚ぜんじつたんにあたる『劇場版 呪術廻戦0』(原作:『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』)も決まっており、呪術廻戦ワールドはまだまだ広がりを見せてくれます!

ユウくん
ユウくん
劇場版がこの冬に公開されますので、それまでのこの期間に全話履修して「原作(漫画)」「劇場版」「アニメ(2期)」をもっと楽しめるようにしてくださいね!
漫画を未読の方は、下のリンクから全巻無料で読む方法を公開していますので、チェックして下さいね♪


『呪術廻戦』第4話「鉄骨娘」のあらすじ

ここからは、漫画『呪術廻戦』第4話のあらすじをネタバレ含めて解説していきますね。

『呪術廻戦』漫画 第4話のあらすじ

星月ヨル
星月ヨル

『呪術廻戦』の第4話は、新キャラクターであるヒロイン(?)「釘崎野薔薇の登場回」でした!
タイトルの「鉄骨娘」は野薔薇ちゃんの性格を指しているんだろうなと思います!

ミーちゃん
ミーちゃん

その野薔薇はねー、「集合場所を原宿に指定」したかと思えば本人は「スカウトを捕まえて押し売り」してたり、口調が男勝りだったり!
「カワイイ」よりも「格好いい」が似合う女の子なんだよねー

ユウくん
ユウくん

田舎から出てきたことで「東京観光」や「六本木」という単語に表情を輝かせるなど純朴な年頃の女子高生らしいところも見せつつ、『呪術廻戦』の呪術師らしく呪いと対峙する姿などが第4話では描かれていましたよ!
彼女の本格的な呪いとのバトルは第5話に持ち越しでしたけどねー

『呪術廻戦』第4話「鉄骨娘」のネタバレ

ユウくん
ユウくん

ここからのあらすじは読みやすさを考え、記事の書き方を少し変えています。
できるだけ漫画の雰囲気や疾走感を感じられるように書いていますが、漫画そのものが気になった方は、是非原作のコミックスも読んでくださいね!

ミーちゃん
ミーちゃん

かつてあった「漫画村」みたいな違法なサービスは絶対ダメ!
だけど、やり方によっては全巻無料で読む方法もあるよ!
「知らなかった!」って人は、こっちも合わせてチェックしてね!



釘崎野薔薇――喜べ男子 紅一点よ

 ――JR 原宿駅。
 木造の駅舎を出てすぐ、Kioskの向かいに二人は立っていた。

一年がたった3人って少な過ぎねぇ?
じゃあオマエ 今まで呪いが見えるなんて奴あったことあるか?
 虎杖と伏黒だ。二人は並んで待っていた。
 そんな中質問した虎杖は、逆に問い返され棒付きアイスを頬張ったまま考える。

……ねぇな
それだけ少数派マイノリティなんだよ 呪術師は
っていうか俺が3人目って言ってなかった?
入学はずいぶん前に決まってたらしいぞ こういう学校だしな 何かしら事情があるんだろ
 そんな会話をしていると、待ち人が来た。五条だ。

おまたせー おっ 制服間に合ったんだね
 歩み寄る五条が虎杖に声を掛ける。
 虎杖は、呪術高専の制服姿だった。

おうっピッタシ でも伏黒と微妙にちげぇんだな
 パーカーついてるし、とどこか嬉しそうな表情だ。

制服は希望があれば色々いじって貰えるからね
え 俺そんな希望出してねぇけど
そりゃ僕が勝手にカスタム頼んだんだもん
 どうやら虎杖の制服は五条のセンスで改造されていたらしい。
 パックゼリーを吸いながら事も無げに言う五条。話は終わったとばかりにそのまま歩き出す。

……まいいか気に入ってるし
気をつけろ 五条先生こういう所あるぞ
 表情を見せずいう伏黒の言葉には妙な実感がこもっていた。

それよりなんで原宿集合なんですか?
 竹下通りを三人で歩きながら、伏黒が聞けば、

本人がここがいいって
 と五条が返す。今日は――最後の一年生を迎えに来ていたのだ。

アレ食いたい!! ポップコーン!!
 ……一人だけその目的を覚えているのか微妙だったが。


ちょっといいですかー 自分こういう者ですけどお姉さんモデルの仕事とか興味ない?
 ダルメシアン柄のネクタイにスーツ、きっちり七三分けに髪を固めた男が女性に声を掛けていた。手には名刺。スカウトマンのようだ。

急いでるんで……
話だけでもぉ~
 迷惑そうに断る女性に、負けじと声を掛け続けるスカウトマン。
 その肩を「ガッ」という音を立て、逃がさないように握りしめる手があった。

ちょっとアンタ
 スカウトマンの頬に汗が流れる。背後から異様な威圧感。
 掛けられた声、その主はこう続ける。

私は?
 ――ワタシハ!??
 どういうことなの。混乱の極みに陥るスカウトマン。

モデルよモデル 私はどうだって聞いてんの
いや……あの今急いでるんで
何だコラ 逃げんなや ハッキリ言えや
 やくざか。いや見た目は女子高生だ。だがこの威圧感はなんだ。
 スカウトマンは後ずさる。

俺たち今からアレに話しかけんの?
 その光景を通りを挟んで男三人が見ていた。

ちょっと恥ずかしいなぁ
オメェもだよ
 伏黒は心から突っ込んだ。虎杖の格好も大概たいがいである。
 どこから買ってきたのか分からない「2018」をかたどったサングラスに、右手にポップコーン。左手にクレープ。さっきの今でなぜこうなる。
 そんな伏黒のイラつきをよそに、五条が声を掛けた。
 どうやら彼女が最後の一年生だったらしい。

そんじゃ改めて
 4人は合流、彼女が言う。

釘崎野薔薇くぎさき のばら 喜べ男子 紅一点こういってん
 自己紹介タイムである。だがしかし、自分で紅一点とか言っちゃうのはどうなのか。
 伏黒は内心で「ウザ……」と毒づいた。

虎杖悠仁いたどり ゆうじ 仙台から
伏黒恵ふしぐろ めぐみ
 釘崎に対して自己紹介を返した男子二人を、釘崎は評価する。
 ちなみに、二人の評価はこうだ。

 虎杖――見るからにイモ臭い…… 絶対幼少ガキの頃ハナクソ食ってたタイプね
 伏黒――名前だけって…… 私偉そうな男って無理 きっと重油まみれのカモメに火をつけたりするんだわ

 ……酷い偏見である。挙句あげくには「私ってつくづく環境に恵まれないのね」と大きなため息をつく始末。これには「人の顔見てため息ついてる」と虎杖も微妙な表情になるより他なかった。

 そんな二人を無視して、伏黒は五条に問う。

これからどっか行くんですか?
フッフッフッ せっかく一年が揃ったんだ しかもその内2人はおのぼりさんときてる
 だったら決まってるでしょ?そう言いたげな視線を三人に向けて、五条は言う。

行くでしょ 東京観光
え”
 ドン引く伏黒とは対照的に、残った二人は満面の笑みになった。

TDLディズニーランド TDL行きたい!!
バッカ TDLは千葉だろ!! 中華街にしよ先生!!
中華街だって横浜だろ!!
横浜は東京だろ!!
 ……横浜は神奈川である。
 五条に飛びつき非常に程度の低い喧嘩が起こっていた。

 しかし、五条が「静まれ」と声をかけると、まるで王命を受ける臣下の如く膝をつく二人。
 何の打ち合わせもないのにコレである。伏黒の呆れた表情が印象的だ。

それでは行き先を発表します
 厳かに五条が、言う。

六本木
 ――六本木? その素敵な響きに地方民の二人は目を輝かせた。

五条の実地試験――二人で建物内の呪いを祓う

 そして四人がたどり着いたのは、非常に物々しい雰囲気のある廃ビルだった。

いますね 呪い
嘘つき――!! 六本木ですらねー
地方民をもてあそびやがって!!
 平常運転の伏黒と五条に、虎杖と釘崎の嘆きは通じなかった。

でかい霊園があってさ 廃ビルとのダブルパンチで呪いが発生したってわけ
 嘆く二人を無視して話を進める五条に、切り替えた虎杖が聞く。

やっぱ墓とかって出やすいの?
墓地そのものじゃなくて
 その質問には伏黒が代わって答えた。「墓地イコール怖い って思う人間の心の問題なんだよ」と。
 あー学校とかも似た理由だったなと納得する。

ちょっとまって コイツそんなこと知らないの?
 二人の会話が聞こえたのか、釘崎の問いに伏黒は、「実は……」と虎杖が呪術高専に来た経緯を説明すると、

飲み込んだぁ!? 特級呪物をぉ??
 釘崎の悲鳴が響き渡った。

きっしょ!!! ありえない!! 衛生観念キモすぎ!!
んだと?
 無理無理無理無理――!と全力で引く釘崎に半ギレの虎杖だが、隣の伏黒は「これは同感」と冷たかった。
 そんな三人を無視して、五条は言う。

君たちがどこまでできるか知りたい ま 実地試験みたいなもんだね
 野薔薇 悠仁 2人で建物内の呪いをはらってきてくれ

 これが、今日の本来の目的だったのだろう。
 目の前の廃ビル。そこにいるであろう呪いを祓うこと。
 それを二人への課題とするのだった。

あれ でも呪いは呪いでしか祓えないんだろ 俺呪術なんて使えねぇよ
 不安、ではなく単なる疑問として質問する虎杖に五条は笑い「君はもう半分呪いみたいなもんだから」と。虎杖の体には呪力が流れているよと伝える。
 とはいえ、

でも ま 呪力の制御コントロールは一朝一夕じゃいかないから これを使いな
 と布に包まれたそれ・・を虎杖に手渡すのだった。
 包みを解いた虎杖が声を上げる。

おぉ
呪具『屠坐魔とざま』 呪力のもった武器さ これなら呪いにも効く
 それ・・は、刃渡りも幅も広い無骨な刃物だった。銘は『屠坐魔とざま
 おもちゃを与えられた子供のような表情で『屠坐魔とざま』を見る虎杖に、「ダサ」と釘崎の向ける視線は冷たい。

 釘崎は制服の上からウエストポーチを装着しながら、サッさと廃ビルの入り口に向かっていく。それを追う虎杖に五条が後ろから声を掛けた。

あーーそれから 宿儺は出しちゃ駄目だよ
 アレを使えばその辺の呪いなんて瞬殺だけど近くの人間も巻き込まれるからね、と。
 忠告する五条に、事情をよく知らない釘崎は虎杖に向けて「はやくしろよ」と言いたげだった。

やっぱ俺も行きますよ
 虎杖と釘崎を見送り、残った伏黒が追いかけると言い出す。
 しかし、五条はそれをやんわり止める。

無理しないの 病み上がりなんだから
でも虎杖は要監視でしょ
まぁね
 伏黒の言うことも分かる。しかし、五条は言う。「でも 今回試されてるのは野薔薇の方だよ」と。

あ”~タルっ
 廃ビルの中。階段をのぼる釘崎はとてもイライラしていた。
 「なんで東京来てまで呪いの相手なんか……」という呟きも漏れていて、虎杖の頭には「呪い払いに来たんだろ」と疑問符が浮かんでいた。

時短時短 二手に分かれましょ
 手早く終わらせたい釘崎が提案する。私は上から、アンタは下から、と。

さっさと終わらせてザギン銀座シース―寿司
ちょっと待てよ もうちょい真面目にいこーぜ
 どこか軽く言う釘崎に虎杖が待ったをかける。

呪いって危ねーんだよ 知らんのか
 カッチーン。その物言いに釘崎は腹が立った。

最近までパンピーだった奴に言われたくないわよ!! さっさと行け!!
 やくざキックが炸裂する。階段を転がる虎杖。

今日ずっとオマエの情緒が分かんねーんだけど!!
 突き落とされた虎杖が半ギレで言うが、

だからモテないのよ
なんで俺がモテねーの知ってんの!?
 口喧嘩で虎杖が勝てるはずがなかった。結局二手に分かれる2人。
 残された虎杖は「テメーは言うほどモテんのかよ クソが」と毒づいて――

悠仁と野薔薇のイカレっぷりを確かめたい

 音もなく、天井から呪いが降ってきた。
 鎌状の腕を振り、虎杖の首を落とそうと。
 それを、虎杖は躱す。
 去り際に『屠坐魔とざま』を振るい、呪いの左側を切り落とすおまけ付きで。

れ……しぃと ごりょ……う
 ――出た呪い!!

 『屠坐魔とざま』を逆手に、構える。呪いは、鎌状の腕に、蠍のような足が4本の巨体。
 腕の1本は既に落としている。
 虎杖は真正面から飛び込んだ。

 右腕の鎌が振るわれる。それを、足の間に滑り込むように潜り抜け、左前足を切り落とす。
 即座に反転、立ち上がり際に今度は右後ろ脚を裂く。
 『屠坐魔とざま』と虎杖の腕力が合わさり、呪いの足がするりと落ちる。
 呪いの体制が崩れた。
 巨体を支えていた足の半分が失われたのだ。腹から床に落ちる呪い。

 その隙を虎杖は見逃さない。
 跳躍。呪いの上を取りそのまま、脳天に『屠坐魔とざま』を突き刺した。

ふぅ
 呪いはピクピクと震え、

うん 動けんね俺
 虎杖は脳天に突き刺した刃をそのままじった。
 ズチュ……粘ついた音が通路に響いていた。

悠仁はさ 頭イカレてんだよね
 廃ビルの外、伏黒と待つ五条は言う。

異形とはいえ生き物の形をした呪いモノを 自分を殺そうとしてくる呪いモノを 一切の躊躇なくりに行く
 君みたいに昔から呪いに触れてきたわけじゃない 普通の高校生活を送っていた男の子がだ

 それは、虎杖の異常性。転入面談で夜蛾やがが言った「ある程度のイカレ具合」が、虎杖にはあった。
 だから――と。

今日は彼女のイカレっぷりを 確かめたいのさ
 五条は笑う。

 廃ビルの中。
 マネキンが並ぶ一室に、釘崎はいた。

おい そこの呪い
 その声に、反応はない。マネキンが並んでいるだけだ。

真ん中のマネキンだよ それで隠れてるつもり?
 言うなり、釘崎が戦闘態勢を取る。
 右手に袖口から取り出した釘打ち。左手にはウエストポーチから五寸釘を。

こないなら このまま祓うわよ
 それでも動くものはない。
 ならば――釘崎が動く。

 五寸釘を宙に放ち、それを――釘打ちで打つ。
 五寸釘は過たずマネキンの頭部に突き刺さり――しかし倒れない。
 明らかに不自然な体勢のままマネキンは倒れず。マネキンの頭部に目が生える・・・・・
 その目は釘崎を凝視ししていて――

でも釘崎は経験者ですよね
 廃ビルの外。伏黒と五条の会話は続く。

今更なんじゃないですか?
呪いは人の心から生まれる 人口に比例して呪いも多く強くなるでしょ
 だから、と五条は言う。

地方と東京じゃ 呪いのレベルが違う


ユウくん
ユウくん

最期の一年生・釘崎と合流して初の実戦に向かう虎杖――は、あっさりと呪いを祓う!もう一方の釘崎は呪いと対峙!しかしビルの外では五条が不吉な言葉を投げていて……!
……といったところで第4話は終了でした!
いかがでしたでしょうか?

星月ヨル
星月ヨル

第4話は、新キャラクターの釘崎野薔薇ちゃんの登場から性格の紹介虎杖君の初実戦、そして野薔薇ちゃんの戦闘スタイルの顔見世という展開でしたね!
野薔薇の持ち物は「五寸釘」と「釘打ち(ハンマー)」
”呪い”と言えば「五寸釘」というモチーフはある意味定番ですよね!

ミーちゃん
ミーちゃん

あと虎杖君はやっぱり頭おかしいね!(褒め言葉)
五条先生にも言われてたけど、普段は普通の主人公らしい男の子なのに、いざ戦闘になったら頭のネジが外れてるような行動をするんだよねー
「動けんね」って確かめながらトドメを刺す当たりがこれまでになかった主人公だねえ

『呪術廻戦』第4話「鉄骨娘」の解説

ユウくん
ユウくん

第4話は端的に解説すると、「釘崎の登場回」であり「虎杖の自分の意志での初戦闘回」でしたね。
状況に駆られて戦うのではなく、自分から呪いに向かっていくようになった初陣ともいえる回でした

星月ヨル
星月ヨル

第4話は解説する実在の場所が描かれていたり、初めて出てくる用語がありましたのでそのあたりを解説していきますねー♪

解説①「原宿駅」

ユウくん
ユウくん

実は漫画版とアニメ版で大きな差があるのが原宿駅周りでした!

漫画版『呪術廻戦』における原宿駅

  • 第4話冒頭の原宿駅は今はなき「旧原宿駅舎」
    ※アニメ版で五条が出てくるのは新原宿駅舎の外観だったりする
  • 釘崎と合流する際の虎杖のサングラスの形は連載時の「2018年」
    ※アニメ版では「RooK」という形に変わっている
ミーちゃん
ミーちゃん

原作の漫画版だと五条先生と虎杖・伏黒の二人が合流するのは旧駅舎横にあったKioskの前だったんだけど、アニメ版だとそこだけ新駅舎になってて、五条先生は新駅舎の方から出てくるよー
そのあたりの違いをチェックするのも面白いかもね!

解説②「呪具」

『呪術廻戦』における「呪具」とは?

  • 術式を帯びた武具のこと(多くの場合は武器の形状)
    呪具を使えば呪力のない人間でも呪いを祓うことができる
    ※詳しくは第18話で解説があります
ユウくん
ユウくん

第4話で登場した『屠坐魔とざま』が作中で登場した最初の呪具になりますね。
呪具については第10話に呪具のスペシャリストが登場、第18話に解説が出てきます

星月ヨル
星月ヨル

ちなみに、呪具は武器だけでもありませんよー
作中だと眼鏡とかも出てきますので、都度解説していきますねー

その他の解説はもう少しお話が進んでから改めて解説しますね。

『呪術廻戦』各話の解説リンク

星月ヨル
星月ヨル
『呪術廻戦』は2021年10月の時点で、160話まで掲載されています!
ユウくん
ユウくん
各話の解説は下のリンクからご覧ください!
どのお話か分かりやすいように「〇〇編」/「〇〇巻」でまとめています。

 

 

始まり1巻
1話2話3話4話5話
呪胎戴天編6話7話
2巻
8話9話
虎杖死亡後10話11話12話13話14話
15話16話
3巻
17話18話
幼魚と逆罰編
19話20話21話22話23話
24話25話
4巻
26話27話28話29話30話
31話
交流会編
32話33話34話
5巻
34話35話36話37話38話
39話40話41話42話43話
6巻
44話45話46話47話48話
49話50話51話52話
7巻
53話54話
起首雷同編55話56話57話58話59話
60話61話
8巻
62話63話
懐玉編64話65話66話67話68話
69話70話
9巻
71話72話73話74話75話
玉折編76話77話78話79話
宵祭り編10巻
80話81話82話
渋谷事変編83話84話85話86話87話
88話
11巻
89話90話91話92話93話
94話95話96話97話
12巻
98話99話100話101話102話
103話104話105話106話
13巻
107話108話109話110話111話
112話113話114話115話
14巻
116話117話118話119話120話
121話122話123話124話
15巻
125話126話127話128話129話
130話131話132話133話
16巻
134話135話136話137話138話
139話140話141話142話143話
死滅回游編
 
17巻
144話145話146話147話148話
149話150話151話152話
18巻
154話156話157話158話159話

関連商品

コメント

タイトルとURLをコピーしました